HOME > NEWS & BLOG


名作の多いOliver Peoples 

皆様こんにちは!

突然ですが、ご自身の中に定番と言えるものはありますか?
当店グラストリーイカラで人気のブランド「Oliver Peoples」
皆様Oliver Peoplesと聞くとどのモデルを思い浮かべますか?
まさに!な王道ウェリントン「シェルドレイク」、ハイブリッジがフレンチっぽさもあるセルフレームのボストン「グレゴリーペック」、はたまたかける人を選ばないコンビフレームの「OP-505」と流石人気ブランドだけあって、挙げ出したらキリがないほどです。
そのどれもが素敵なのですが、当店の定番はこちらです。

Oliver Peoples/CARY GRANT ¥41,250
>>続きを見る

>>続きを見る

NORUT ノーラット セカンドコレクション到着!

こんにちは!
グラストリーイカラです。

最近、日中は暖かい日が続いてますね。
井の頭公園も紅葉が綺麗ですが、高尾山も綺麗に色づいてましたよ♪
はじめて6号路を使って頂上まで行ったのですが、1号路と違ってずーっと山道なので、疲れが足にきて、翌日は筋肉痛で大変でした。

さて、本日はNORUT(ノーラット)の新作のご紹介です。
小ぶりで太目の生地ということもあって、フレンチヴィンテージ感があるのに、重さが軽い!ということで、当店でも第1弾は大人気で品薄状態でした。
そして満を持しての第2弾!!



>>続きを見る

>>続きを見る

目元をキリっと見せるには、ブロー型がgood  MATSUDA

こんにちは!
グラストリーイカラです。

先週からグッと寒くなったと思えば、今日みたいな雨で、またさらに冬を感じる季節になりそうですね。
最近、秋の期間が短くないですか?夏から冬になるのが急すぎで、これも環境の変化からなのかなぁ、なんて感じる今日この頃。

さて、本日は絶賛好評中のMATSUDAフェアからブロー型をご紹介しますね♪

>>続きを見る

>>続きを見る

納得、永く使うためのメガネ。

寒いですね。
とうとう冬が本気を出してきました。
12月でも袖まくり、暑がり長瀬も流石にコートを出してきました。

今日明日で学校も終わり、だったりで吉祥寺も人であふれかえっています。
明後日のクリスマスイブに、各家庭のサンタさんは大忙しです。

12月はボーナス商戦、クリスマス商戦、年越し商戦、と小売業としては繁忙期の一つですが、メガネ屋は別にそういうこともありません。忙しい時も無くはないですが12月だからと理由で混みあうことはあまりありません。

1月~3月までは新生活準備ということで入学、就職に併せてメガネを新調、という方が増えます。4月から5月GWまでは学校や会社の健康診断、視力で引っかかった方々が仕方なく買いに来ます。6月から9月半ばくらいまではサングラスの需要がぐっと増えます。涼しくなって旅行シーズンとなると室内でも、屋外でもと旅行に活躍する調光サングラスが売れます。また秋以降になると目の手術件数も増え、術後のメガネの買い替えが春まで続きます。

ということでなにかしらニーズがあるし、眼が悪くなるタイミングはみんな一緒じゃないし、無くす、壊す、壊される、デザインに飽きる、気に入ったのが見つかる、いつ何が起こるか分かりません。アパレルの側面も増えてきたメガネですが、医療的な側面も大きくメガネ屋さんがエッセンシャルワーカーと言われる所以でもあります。

季節によるニーズも花粉症くらいで、他はあまりないので本当に季節問わず販売機会があります。ということはお客様目線でいくと全天候、全季節、オンでもオフでも使える7時から23時まで的なコンビニエンスメガネが求められます。メガネも安くないですから、永く使いたいじゃないですか。今回はレンズも詳しくお話していきましょう。ちなみに長瀬はイカラ唯一のレンズオタクなので今回はお客様ご紹介の形をとった長瀬のオタク語りとなります。皆様、そして今回ご紹介のTさま、ご了承ください。

今回のTさまは来年就職ということで仕事用に良い眼鏡を、とご来店。学生時代はラグビーをやっていたということで全身逞しい感じ。骨自体が全体的に大きいとどうしてもメガネが合わせにくい、高身長あるあるです。

大は小を兼ねる、過ぎたるは及ばざるがごとし、メガネの機能性を追求するときにコレらは当てはまりません。メガネにはジャストサイズというものがあります。大人の方にもお顔が小さすぎればキッズ用のメガネを勧めますし、大きい方にはサングラスフレームをカスタマイズします。

ただ、今回はアメリカのフレーム「ロバートマーク」。
893-434、マットカラーの大きめサイズが丁度見つかりました。
アメリカ人サイズで丁度いい感じ。

>>続きを見る

>>続きを見る

2023私的年間ベスト。

こんばんは。
グラストリーイカラです。

早いもので、2023年もあと数日で終わりですね。
皆さんはどんな1年でしたか?
この季節になると、各メディアで年間ベストと銘打って映画やらCDやらのランキングが掲載されることが多くなりますよね。
私は音楽好きなので、ピッチフォークという音楽サイトのランキングをいつも楽しみにしているのですが、何か楽しみなランキングとかありますか?

そこで、誰も知りたくもないし、聞いてもいない、私的年間ベストを発表させて頂く形にあいなりました。
誰にも頼まれてないし、誰にも望まれていませんが、通りすがりのあなたが少しでも時間つぶしになれば幸いです。


今年はエンターテイメントはかなり優秀な1年だったのではないでしょうか。


まずは音楽部門。

Mitsuki 『the land is inhospitable and so are we』
ニューヨークを拠点に活躍する、日系アメリカ人のシンガーソングライター。初期の作品から、他人との違いや他人との繋がりをテーマにした曲が多かったが今作が集大成。
いい意味でも悪い意味でも多様性という言葉が独り歩きをしている現代において、全人類に向けての愛と祈りの曲。

羊文学『12 hugs (like butterflies)』
邦楽で購入しているアルバムは、くるりと羊文学くらいではないだろうか。
90年代のインディーロックが好きなな人には懐かしいギターメロに涙が出るかもしれない。
なかでも『呪術廻戦』のEDテーマになった”more than words”は出色の出来栄え。
3人で奏でるシンプルな音が時にシューゲイザーっぽく鳴るときは、無心で首を振っていただけると良いと思います。


映画部門。

『ザ・キラー』
言わずと知れた鬼才デヴィッド・フィンチャー監督の最新作。
ある殺し屋が殺しに失敗をしてからの復讐劇。
上映中は静かに展開が進むのだが、殺し屋の独り言を客は延々と聞かされる。
まるで孤独のグルメ殺し屋ver.のように。
彼が殺しの哲学を披露するとき、それは実はデヴィッド・フィンチャーの映画哲学でもあることに気づくとニヤニヤが止まらない。

『君たちはどう生きるか』
私はジブリファンではないが、ラスト30分は泣いていた。
異世界に行ってしまった義母を追って、主人公もサギと一緒に異世界に入り込むという、大枠で言えば『千と千尋の神隠し』と同じなのだが、他の作品と違うのは暗くサスペンスじみている点。
またボスの大叔父との邂逅で、宮崎駿は若きクリエーターに対するメッセージなのだと感じていたが、先日放送されていたNHKプロフェッショナルを見ると、大叔父は故高畑勲氏をイメージしているらしく、それを知って観るとまた印象が変わるかもしれない。
それにしても80歳の人間が生み出すエンターテイメントではないくらいにとがっている作品で、それを感じるだけでも涙が止まらない。


ドラマ部門。

再放送真っただ中の『ブラッシュアップライフ』が断トツで面白かったですね。『最高の教師 私は生徒に~』も。何故か日テレドラマが面白かったです。
そして相変わらず『きのう何食べた』の西島さんのはにかむ笑顔にキュン死していました 笑


皆さんは心に残ったエンターテイメントは何かありましたか?
来年も素晴らしい年にしたいですね。

イカラの年内の営業は12月30日までとなっております。
年始は1月3日からになります。
何卒よろしくお願いいたします。

それでは、よいお年を。あでぃおす。
>>続きを見る
>>続きを見る

【お客様ご紹介】念願のLUNOR K様×LUNOR

皆様こんにちは♪

誰しも憧れのアイテムってあると思うんですが、それが手に入った時の高揚感は何物にも代えがたい気持ちになりますよね♪
かくいう私にも憧れのアイテムがありまして、どれも定番なのですがHERMESシェーヌダンクルだったりJohnLobbのロペスであったり(ウィリアムも欲しい・・・)、ただ私自身、意志が弱く他のアイテムに手を出して散財・・・そして憧れのままで手が出ずじまいという感じです・・・。

そんな私とは対照的に強靭な意思で憧れてたフレームを手にしてくださったお客様K様のご紹介です!
>>続きを見る

>>続きを見る

他人とは違うデザイン、そして軽やかさ! スペックエスパス×S様

こんにちは!
グラストリーイカラです。

ようやく気温もぐっど冷え込み、クリスマスムードが漂う季節になったなぁ、と実感できる寒さになってきましたね。
皆さんはお相手のクリスマスプレゼントは用意されたのでしょうか?
ジュエリー店勤務の妻曰く、「もうクリスマスに若い子がリングを買う時代は終わった」と言っておりましたが、どうなんでしょう?
私はちょっとしたプレゼントに悩んだら、もうイソップ一択にしております 笑

さて、本日は素敵なお客様のご紹介をしますね。
去年の9月にご来店され中近両用のメガネをご購入されたS様、嬉しいことに再度ご来店いただきました!

お話を伺うと、見え方が変わってきたかも?とのこと。

フレームはいろいろご提案させていただいた、なかで最初におすすめした、スペックエスパスに決定。
このブランドは何しろ…軽い!

>>続きを見る

>>続きを見る

今時のフレンチヴィンテージなデザイン! EYEVAN

こんにちは!
グラストリーイカラです。

朝晩はまだまだ寒いですが、日中は徐々に暖かくなってきましたよね。
来月下旬には桜が咲く季節、1年は早いですね。

さて、本日は現在フェアを開催しているEYEVANをお選びいただいたお客様のご紹介!

>>続きを見る

>>続きを見る

敢えてキザ!キラキラマシマシ!

息子の瞳とかネコの瞳とか見ているとメッチャキラキラなんですよね。
対して鏡に映る自分の瞳にハイライトは一切なく。
深淵の闇を見ているような、深い深い黒。
それを縁取る部分もswitchのやりすぎで深紅に染まっています。

両の瞳に地獄を宿す、長瀬です。
齢42にして中二病はいまだ完治しておりません。

冒頭の様に、人は誰しも瞳の輝きが無くなっていきます。
コレは別に長瀬の様に現実に打ちのめされ、希望が無くなったからではありません。
加齢による角膜の弛みと、涙液の代謝不足によるものです。

どっちもどっちですね。

なので人はメガネをキラキラさせることを思いつきました。
当店取り扱いフレームで言うと、シークレットレメディやハスキーノイズ等。
ブリッジやヨロイにツヤ感のあるパーツを持ってくることで、瞳にハイライトを持たせる。
そんな感じの女性向けフレームは結構多くなってきました。
なので女性向けのフレームはキラキラしてるものが多いんですね。

女性向けのフレームは肌なじみが良いようにゴールド色が多いです。
かつ純金のようなイエローゴールドではなく、シャンパンゴールドが主流。
男性でも色白であればいいんですが、日に焼けていたり、浅黒かったりすると途端にキラキラでは無く「ギラギラ」して見えるため、下品、とまではいかなくてもなんかちょっとイヤらしい感じになっちゃいます。30を超えた男性のほとんどが顔から脂噴出マシーンになりますので、ギラギラツヤツヤマシマシでこってりになってしまうんですね。書いているだけでも胸焼けしそうです、この文章。

なので男性に似合うキラキラはよりクールな方向へ導いてくれる「シルバー」なワケです。

女性がシルバーを身に着けるとカッコよくなるんですが、冷たい印象になりがちです。
特に目元を彩るメガネとしては人を選ぶ、服装を選ぶ、という事でそこまで多くありません。

クールという言い方もネガティブに捉えると「キザっぽい」なんて言われかねません。

が!
それを「わざと」演出するのも面白いんじゃない?

と演出させていただきました!
一度お友達と皆様でお越し頂いたKさま。
フチなしメガネが気に入ったようで長瀬の熱いフチなしメガネ論を浴びせ続けました。
「また今度みんなできます!」と全員ニコニコでお帰り頂いたのですが。

先日お一人でフラッと「抜け駆けで来ちゃいましたw」とご来店。
また前回以上の長瀬の熱いフチなしメガネ論を浴びせ続け、ご購入と相成りました。

チャッラーン!メガネはここまでカスタマイズ出来る!長瀬のメガネ。
https://www.g-ikara.jp/blog/index.html?id=1195

上記ブログの、カスタマイズしまくった長瀬メガネの良さを語りまくった結果。
フレームカラー以外は長瀬と同じ仕様でお作り頂くことに。

レンズサイズは既定の45mmより3mm大きい48mmへサイズアップ。
レンズ側面は最大限磨いたミラー加工。
レンズ表面もキラキラするように裏面マルチコート。
鼻パッドもアンティークシルバーに合わせたチタンパッドへ交換。

キラキラKさまをご覧ください!
>>続きを見る

>>続きを見る

クラウンパントで軽い!はこれ。 スペックエスパス

こんにちは!
グラストリーイカラです。

この度の能登半島地震で被災された方々や、避難生活を余儀なくされている方々に対しまして、心からお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復旧を、心からお祈り申し上げます。

気持ちの切り替えが難しいですが、新年最初のフレームをご紹介いたしますね。

メガネ選びの重要の要素のひとつに”重さ”があると思いますが、ふわっとした掛け心地のお顔を抱きかかえるテンプルのフィット感が癖になるメガネ。

当店のブログをご覧いただいている方にならすぐわかるかもしれませんね。
そう、スペックエスパス!

今までは少し大きめのレンズシェイプのデザインが多かったのですが、おそらく初となるクラウンパントで登場です。

>>続きを見る

>>続きを見る


SHOP INFO

所在地:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-14-1
営業時間:11:00~20:00
定休日:年中無休
TEL/FAX:0422-27-1039
資格:認定眼鏡士SS級
アクセス:JR吉祥寺駅 北口から徒歩3分
吉祥寺サンロード入って1つ目の角

NEW ENTRY

RANKING

CATEGORY

ARCHIVE